甘皮処理どこまでやっていいの?!ニッパーが恐い人向けの方法も。

甘皮処理 ネイルケア
この記事は約4分で読めます。
みく
みく

自分で甘皮処理してるんだけど、ニッパーも恐いし、どこまでやったらいいのか分からなくて。

たくや
たくや

甘皮処理は素人には恐いよね。ニッパーを使わない方法もあるからやってみて!

甘皮処理(キューティクルケア)とは

甘皮処理とは、ルースキューティクルと呼ばれる爪の上に伸びた余分な角質を除去することです。

余分な角質を除去することで、爪が大きく綺麗に見えるだけでなく、爪に栄養が届きやすくなります。

ネイルをする時も甘皮処理をすることで仕上がりが良くなり、剥がれにくくなるため、

ネイルサロンで施術する時は必ず甘皮処理を行います。

甘皮処理は、甘皮を除去すると勘違いしている人が多いですが、

甘皮は生えてきたばかりの柔らかい爪を保護する大切な部分なため、

甘皮を取ってしまうと細菌が入ってしまったり炎症を起こしてしまう場合があるので気をつけましょう。

甘皮処理の方法

ネイルサロンで行う甘皮処理の一般的な流れです。

専用器具のセットも販売されています。

甘皮処理の流れ

1. キューティクルリムーバーを塗布し、馴染ませる。

2. プッシャーで甘皮を押し上げる。

3. 押し上げた甘皮をニッパーでカットする。

自分でもできますが、ネイルサロンでネイルケアをしてもらうとより仕上がりが綺麗になります。

ニッパーを使わない甘皮処理

素人には甘皮とルースキューティクルの判断が難しいです。

ニッパーを使うと、甘皮まで切ってしまうこともあります。

特に利き手の甘皮処理は難しいため、

初めての人は、下記のようなキューティクルリムーバーやプッシャーが一体になった商品がおすすめです。

キューティクルプッシャーペン

家にある綿棒でも甘皮処理ができますが、

キューティクルプッシャーペンを使うと甘皮を押し上げてルースキューティクルを取り除くまで1本でできるのでさらに簡単です。

400円前後で購入することができ、最近はドラッグストアでも販売されていることが多いです。

オイルイン キューティクルプッシャーペン

キューティクルリムーバー不要です。セラミック部分からじんわりしみ出るオイルで、爪を傷つけないように甘皮を除去+保湿効果もあります。

詳細と実際に使ってみた感想はこちらです。

ohoraプロルーススキンリムーバー

ネイルシールで有名なohoraが出しているケア商品です。

ohora「Pro Loose Skin Remover:PC-LR-001」

甘皮や角質を優しく安全に除去するプッシャ一型のリムーバーです。

詳細と実際に使ってみた感想はこちらです。

アンドネイル キューティクルリムーブペン

ネイルケア用品で有名な石澤研究所が販売しているキューティクルリムーブペンです。

甘皮処理の頻度

甘皮処理は1〜2週間に1回程度が目安です。

爪や甘皮の負担になるのでやりすぎに注意してください。

普段はネイルオイルを塗って保湿しておきましょう。

ネイルオイルを塗っているとルースキューティクルが目立たなくなってきます。

ネイルオイルの塗り方、選び方はこちらを参考にしてください♪

まとめ

爪が綺麗に見えたり、爪の健康にも良い甘皮処理。

でもやりすぎると炎症を起こしたりしてしまいます。やりすぎを防ぐためにニッパーを使わないで、キューティクルプッシャーペンを使ってみましょう。

適切な甘皮処理で美しい爪を目指してください♪

その他、ネイルケアについてはこちらの記事を参考にしてください。

One-Nail*

タイトルとURLをコピーしました