剥がせるネイルって何?剥がせるネイルの種類やおすすめは?

剥がせるネイル 剥がせるネイル
この記事は約6分で読めます。
みく
みく

剥がせるネイルって何??ちょっと気になってるから教えてー!

たくや
たくや

剥がせるネイルはリムーバーなしで落とすことができるネイルのことだよ。

いくつか種類があるから、それぞれおすすめを紹介するね!100円ショップのものでもできるよ!

剥がせるネイルとは?

剥がせるネイル

剥がせるネイルとはリムーバーを使わずに、お湯や水で落とせたり、そのままペリッと剥がせるネイルのことです。

「ピールオフネイル」などと呼ぶこともあります。

休日だけネイルしたいという人にはおすすですが、デメリットもあります。

剥がせるネイルのメリット・デメリット

剥がせるネイルにはメリット・デメリットがあります。

剥がせるネイルのメリット
  • 簡単にオフができる
  • 手や爪への負担が少ない

何と言っても剥がせるネイルのメリットはオフする手間が省けることです。

ジェルネイルはサロンにオフしに行かなければならなかったり、

ラメなどのポリッシュは落ちにくくて時間がかかります。

剥がせるネイルであれば、そんな手間は必要とせずに、

一日の終わりにお風呂でゆっくりしながら剥がすことができます。

特にジェルネイルは施術する時に表面を削るため爪に負担がかかってしまうと言われています。

オフする時のリムーバーも手や爪の乾燥の原因になったりします。

剥がせるネイルはもちろん剥がした後のケアは必要ですが、手や爪の負担は少ないです。

剥がせるネイルのデメリット
  • 剥がれやすい
  • 持ちが悪い

剥がせるネイルは水に弱いので、手を洗ったり、お皿洗いなどで剥がれやすいです。

せっかく可愛く塗れたのに、剥がれてしまう可能性もあるので、爪の使い方に気をつけなければなりません。

ネイルサロンの剥がせるネイルは2〜3週間持つそうですが、

セルフネイルであれば2〜3日が限界かなと思います。

剥がせるネイルがおすすめな人

剥がせるネイルのメリット・デメリットを考慮し、剥がせるネイルがおすすめな人はこのような人です。

剥がせるネイルがおすすめな人
  • すぐにオフする必要がある
  • 頻繁にネイルを変えたい
  • 爪に負担をかけたくない

剥がせるネイルの種類

剥がせるネイルは、「ポリッシュ用」と「ジェルネイル用」があります。

また、それぞれベースコートタイプとカラーネイルタイプがあります。

ベースコートタイプ

ベースコートタイプは、通常のポリッシュやジェルネイルを塗る前にベースとして塗るものです。

剥がせるベースコートにすることで、いつも使っているポリッシュやジェルネイルが剥がせるようになります。

すでにポリッシュやジェルネイルを持っている人や、塗ってみたいネイルがある人におすすめです。

カラーネイルタイプ

カラーネイルタイプは、カラーネイル自体が剥がせるタイプになっているものです。

ベースコートが不要なので、塗る時の手間が省けます。

通常のポリッシュやジェルネイルに比べてカラーの選択肢が狭くなるのが欠点です。

剥がせるネイル<ポリッシュ編>

ポリッシュの剥がせるネイルは「水性ネイル」とも呼ばれます。

ポリッシュはジェルネイルのようにライトで硬化せずに、自然乾燥させます。

剥がせるベースコート(ポリッシュ用)

持っているポリッシュや塗ってみたいポリッシュの前に、剥がせるベースコートを塗れば良いだけなので、とてもシンプルです。

好きなポリッシュがあるという人はぜひ試してみてください。

<使い方>

  1. 爪の油分を拭き取る
  2. 剥がせるベースコート(ポリッシュ用)を塗る
  3. 乾いたら通常のカラーポリッシュを塗る
  4. 通常のトップコートを塗る

TM ピールオフベースコート 

ポリッシュ用の剥がせるベースコートです。

剥がせるポリッシュ

剥がせるポリッシュはいくつかのメーカーから出ています。

使い方は各メーカーの説明書に従ってください。

下記はおすすめの剥がせるポリッシュです。

Free

カラーバリエーションが豊富です。1本398円(送料無料)なのでたくさん揃えたくなります。

70%水でできている水性ネイルです。

上羽絵惣「胡粉ネイル」

SNSを中心に人気が出ているポリッシュです。お湯で落とせます。

顔料に使う貝の粉「胡粉」を使っているので、爪にも優しいです。

上羽絵惣「胡粉ネイル」

SNSを中心に人気が出ているポリッシュです。貝殻の粉で作られていて、お湯で落とせるため、お子さんでも安心して使えます。

上羽絵惣「胡粉ネイル」の詳細は下記記事を参考にしてください♪

四季彩まといネイル

日本の四季をまとう美容ネイルです。

お湯やアルコールで落とすことができます。

四季彩まといネイル

美容液成分を配合したお湯やアルコールで落とせるネイルです。

四季彩まといネイルの詳細については下記記事を参考にしてください。

マイスシターネイルペン

ペン型の剥がせるネイルなので、持ち運びにも便利です。

マイシスター「トリートメントネイルカラー」

楽天の公式ショップでは、3,000円以上の購入で送料無料になります。

JNFグレイズドフレグランスネイル

台湾生まれの剥がせるネイルです。

他の剥がせるネイルよりも値段が高いですが、ニュアンスネイルや落ち着いた色味が好きな人におすすめです。

ボトルが可愛いのでプレゼントにもおすすめです。

JNFグレイズドフレグランスネイル

台湾で生まれた剥がせるネイル。落ち着きのある色味が魅力的です。

剥がせるネイル<ジェルネイル編>

剥がせるジェルネイルは、「ピールオフジェル」とも呼ばれます。

ジェルネイルはぷっくりとした見た目と、塗った後に硬化用のジェルライトで硬化させるのが特徴です。

ただ、通常のジェルネイルは塗るときや落とす時に手間や時間がかかるので、

普段ネイルができない人などは、ジェルネイルがやりたくてもできないこともあります。

剥がせるジェルネイルであれば、いつでも簡単に塗ったり落とすことができるため、気軽にジェルネイルを楽しむことができます。

剥がせるベースコート(ジェルネイル用)

<使い方>

  1. 爪の油分を拭き取る。
  2. 剥がせるベースコート(ジェルネイル用)を塗ってライトで硬化させる。
  3. 通常のカラージェルを塗って硬化させる。
  4. 通常のトップコートジェルを塗って硬化させる。

ピールオフジェル

基本的にどのジェルネイルでもベースコートとして利用できるようです。

とても評価が高いピールオフジェルです。

ピールオフジェル

ジェルネイルのベースコートとして使用することで剥がせるジェルネイルにすることができます。サンディング不要です。

剥がせるジェルネイル

カラーネイルタイプはベースコートは必要なく、カラーネイル自体が剥がせるようになっています。

通常、専用ランプが必要になります。

いくつかのメーカーから出ています。

HOMEI ウィークリージェル

イッツデモやプラザなどでも販売されていることが多い剥がせるジェルネイルです。

色味を確認したい場合は店舗で確認してみてください。

HOMEI ウィークリージェル

普段ネイルができない人が休日にネイルができるように開発された剥がせるジェルネイルです。

HOMEI コンパクトジェルライト

ウィークリージェルを硬化させるためのライトです。LED、UVライトを持っていない方は必須です。

チャームスティックジェル

ペンシルタイプのジェルネイルで、ベースからトップコートまで1本でOKです。

OMD「チャームスティックジェル」

ペンシルタイプのジェルネイルで、ベースからトップコートまで1本でOKです。

数は少ないですが、剥がせるジェルネイルのメニューがあるネイルサロンもあります。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

剥がせるネイルは、ポリッシュ用とジェルネイル用があり、

それぞれベースコートタイプとカラーネイルタイプがあります。

どれも簡単に剥がすことができるので、自分に合ったものを選んで、ネイルを楽しんでみてください。

One-Nail*

OMD「チャームスティックジェル 12点セット」

チャームスティックジェルが初めての方に、ジェル6色 ライト ポーチ ワイプス ファイル パレット12点が入ったお得なセットです。

タイトルとURLをコピーしました